会社概要お問い合わせサイトマップ
 メールでのお問い合わせ

現場におけるオゾン発生・分解装置の運用のポイント|オゾン発生装置、オゾン分解装置に関する技術情報サイト

資料請求はこちら
新設・既存を問わず、技術部門担当がオゾン発生・分解装置の正しい容量の選定をいたします。オゾン発生・分解装置の容量選定でお悩みの方はお気軽にご連絡下さい。
資料請求はこちら
新設・既存を問わず、技術部門担当がオゾン発生・分解装置の正しい容量の選定をいたします。オゾン発生・分解装置の容量選定でお悩みの方はお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせ

最新事例紹介

基礎知識
オゾンとは
オゾンの利用分野
オゾンが工場で使用される理由
オゾンの正しい活用方法
オゾン濃度の単位
オゾン排出規制及び排出基準

基礎知識
オゾン発生の仕組み
オゾン分解の仕組み
オゾン触媒の寿命
オゾン分解率と湿度の関係
オゾン分解のための空間速度

修理・メンテナンスメニュー
(1)オゾン発生装置の電極交換
(2)オゾン分解装置の活性炭交換

Q&A
(1)オゾンで何ができる?
(2)どんなところで使われるの?
(3)オゾン漏れの判断は?
(4)オゾンの導入時の確認事項は?
(5)活性炭や触媒の寿命は?

技術相談

修理・メンテナンスメニュー
オゾン発生・分解装置の導入をご検討中のご担当者様必見!最適な容量が判明いたします。

修理・メンテナンスメニュー
オゾン分解装置による脱臭・殺菌の合否判断が可能!国内唯一の試験サービスです!

技術者のつぶやき

用語集

運営会社

お問い合わせ
HOME > 4.現場におけるオゾン発生・分解装置の運用のポイント

3オゾン発生

ポイント2

オゾンと水分が混ざると、酸化能力が極めて高くなり、防錆性のある付帯設備にも錆が広がる場合があります。

分解装置をヒーター過熱するなどして、処理ガスの相対湿度を下げることで、オゾン単体だけの酸化反応となり、酸化反応を抑えることができます。

オゾンと水分が混ざると、酸化能力が極めて高くなりますが、処理ガスを過熱することで相対湿度が下がり、酸化反応を抑えることができます。

<< 1.オゾン分解装置における能力維持のポイント 3.水処理後のオゾンを分解装置で処理する時の注意事項2 >>

お問い合わせ