会社概要お問い合わせサイトマップ
 メールでのお問い合わせ

オゾン排出規制及び排出基準|設計・生産技術者・保全技術者のためのオゾン発生装置、オゾン分解装置に関する技術情報サイト

資料請求はこちら
新設・既存を問わず、技術部門担当がオゾン発生・分解装置の正しい容量の選定をいたします。オゾン発生・分解装置の容量選定でお悩みの方はお気軽にご連絡下さい。
資料請求はこちら
新設・既存を問わず、技術部門担当がオゾン発生・分解装置の正しい容量の選定をいたします。オゾン発生・分解装置の容量選定でお悩みの方はお気軽にご連絡下さい。
お問い合わせ

最新事例紹介

基礎知識
オゾンとは
オゾンの利用分野
オゾンが工場で使用される理由
オゾンの正しい活用方法
オゾン濃度の単位
オゾン排出規制及び排出基準

基礎知識
オゾン発生の仕組み
オゾン分解の仕組み
オゾン触媒の寿命
オゾン分解率と湿度の関係
オゾン分解のための空間速度

修理・メンテナンスメニュー
(1)オゾン発生装置の電極交換
(2)オゾン分解装置の活性炭交換

Q&A
(1)オゾンで何ができる?
(2)どんなところで使われるの?
(3)オゾン漏れの判断は?
(4)オゾンの導入時の確認事項は?
(5)活性炭や触媒の寿命は?

技術相談

修理・メンテナンスメニュー
オゾン発生・分解装置の導入をご検討中のご担当者様必見!最適な容量が判明いたします。

修理・メンテナンスメニュー
オゾン分解装置による脱臭・殺菌の合否判断が可能!国内唯一の試験サービスです!

技術者のつぶやき

用語集

運営会社

お問い合わせ
HOME > オゾン基礎知識 > オゾン排出規制及び排出基準

2012年現在オゾンの排出については法的規制や罰則規定はありませんが、しかし、オゾンは光化学オキシダントの要因物質として、公害対策基本法及び大気汚染防止法上の規制を受けます。そのため企業はオゾンを正しく分解し、環境対策を注視することが求められています。

ちなみに、光化学オキシダント(オゾン等)の大気環境基準は0.06ppmであるが、この基準値は直接暴露の規制値ではありません。

  環境基準(注2) 緊急時(注3) 重大緊 急時(注4)
光化学オキシダント(注1) 0.06ppm 1h 0.12ppm 1h 0.4ppm 1h

(注1)光化学オキシダント:オゾンその他の光化学反応により生成される酸化性物質。
(注2)環境基本法規定による大気の汚染にかかる環境上の条件につき人の健康を保護する上で維持することが
    望ましい基準。
(環境基本法 第16条第1項)
(注3)光化学オキシダント濃度1時間値が0.12ppm以上で、気象条件からみて、その状態が継続すると
    認められる場合。
    (大気汚染防止法 第23条第1項、施行令第11条別表第5中段)
(注4)光化学オキシダント濃度1時間値が0.4ppm以上になった場合で、気象条件からみて、その状態が継続すると
    認められる場合、都道府県知事は排出者に対して施設の使用制限等の必要な処置を命ずることができる。
    (大気汚染防止法 第23条第1項、施行令第11条別表第5下段)

その他の基準値
米国ACGIH(米国政府関係産業衛生者会議)・日本産業衛生学会・日本オゾン協会:0.1ppm(労働環境における許容濃度)
空気清浄協会:最大0.1ppm 平均0.05ppm以下

お問い合わせ